妻又は夫が浮気していることが明らかになっても

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても離婚を避けたいのなら浮気相手との逢引現場に向かうのはしないほうがいいでしょう。
パートナーを裏切ったことがバレた途端に配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、夫婦関係が修復不可能になる可能性を否定できません。
しかも、浮気相手に直接関わった結果、大きなストレスになってしまうのです。
浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴むことができても離婚の必要性については考えるべきでしょう。コドモがいるご夫婦の場合は特に浮気をした、されたといって離婚というものはそう簡単なものではありません。養育費を請求できたところでもらえる額は少ないですし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、仕事をしながら育てるのは心身いっしょに大きな負担になります。
男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう携帯電話の通話履歴から浮気の証拠がつかむことが可能です。
理由は携帯が浮気相手に連絡する手段として使うことは当然考えられます。
近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をする事も多くなりましたが、浮気相手の「声」をききたくなるのは当然のことでしょう。
ですから電話をする可能性も十分考えられますね。浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、普通は3?4日が目安です。最初に断わっておきますが、これはあくまでも一般的なケースです。調査の対象者がとても用心深かったりすると、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあることも覚悟して頂戴。
それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が特定済みの場合は、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で依頼すれば損はしないと思いがちですがケースバイケースでそうでないこともあります。成功報酬の条件では不成功な結果となった場合、料金支払いが不要となるので依頼者から考えると得ではないかと思うのです。そのため、成功報酬の探偵事務所に特定して、求めているような人がいます。
成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、調査に成功した場合でないと報酬を得られないというリスクがあるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることが大半です。
そのため、成功報酬だからということで、浮気の調査費用が安くなる理由ではないのです。
実際の調査能力などもチェックして、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼することが重要なのです。
不倫をされてしまったら、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、慰謝料を請求することができません。慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、あなたの年齢、結婚歴等全体的にみて裁判官の決定を待つことになります。
事前に成功報酬と言われていても、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければその調査は成功として扱われてしまいます。実際には浮気していたとしても、3日の間に浮気が発覚しなければ、配偶者の浮気の有無をはっきり指せることができないまま、専門的な調査は完了となり、事前にやくそくしていた成功報酬を支払うことになるのです。